ハイチェアはベビーとママ・パパの距離が近いトリップ トラップが安心

ハイチェアはベビーとママ・パパの距離をぐっと近づけてくれる、育児には欠かせない商品の一つです。
そんなハイチェアの役割や、ストッケのハイチェア「トリップ トラップ」の人気の秘密を探っていきます。

ストッケのハイチェア「トリップ トラップ」とは

生まれたばかりのベビーから使えるハイチェアって?

ベビーをわが家に迎え入れる時、ベビー服やベビーベッドなどとともに、新生児から必需品ともいえるのが生後すぐのベビーにも対応したハイチェアです。
生まれたばかりのベビーにハイチェアが必要なの?と驚かれるかもしれませんね。


ベビーの日中の居場所を考える時、ベビーベッドを寝室から運んで来たり、移動ベッドを使ったり、床にマットを敷いて寝かせている、という方も多いでしょう。
そのような方に一つの選択肢として是非ご提案したいのが、ストッケのハイチェア「トリップ トラップ」です。

例えば、パパとママや兄・姉たちがダイニングで食卓を囲んでいるとき、赤ちゃんはどこにいますか?一緒にダイニングテーブルを囲んでいますか?
赤ちゃんだけダイニングから離れたところで過ごしているのはさみしいですよね。
ストッケのハイチェア「トリップ トラップ」に「ニューボーンセット」を取り付ければ、瞬く間にママ・パパとベビーの距離が近づき、一緒に過ごすことができます。

ニューボーンセットは、まだ一人座りのできないベビーのための、トリップ トラップに取り付けて使用するシートです。


トリップ トラップにニューボーンセットを取り付けることによって、赤ちゃんの目線がぐっと高くなります。生まれたばかりの赤ちゃんも一緒に食卓につくことができ、家族団らんの輪の中に赤ちゃんも加わることができるのです。


シートは人間工学に基づいた設計がされているので、赤ちゃんにしっくりとなじみ、居心地のよい作りになっています。赤ちゃんの肌が触れるファブリックのシート部分は洗濯機で洗濯可能なので、いつでも清潔に保つことができます。
また、5点ハーネスもついていますので、赤ちゃんが安全に過ごすことができます。
設置も難しくなく、必要な時に、トリップ トラップにワンタッチで簡単に着脱することができます。

トリップトラップのアクセサリー「トリップ トラップ ニューボーンセット」について

ベビーから様々なシーンで活躍するハイチェアは「トリップ トラッブ」

トリップ トラップとニューボーンセットを使うのは食事の時だけに限りません。


赤ちゃんは、ずっとベッドで眠っているわけではなく、日々周りの環境から様々な情報を吸収し成長しています。
ママ・パパの姿が見えるところに居られると赤ちゃんも安心しますから、赤ちゃんが起きている間は、お世話をしながら、ママやパパがたくさん話しかけやすい環境づくりが必要です。


トリップ トラップに「ニューボーンセット」を取り付けることによって、台所で調理や片付けをしている時も、ダイニングやリビングでくつろいでいる時も、赤ちゃんの顔を近くで見ながら過ごすことができます。


さらに、トリップ トラップに「ニューボーンセット」を取り付ければ、ママ・パパの体の負担も軽減することができるのです。


床に近いところに赤ちゃんを寝かせていると、赤ちゃんを抱き上げる時にママ・パパの腰に負担がかかり、ただでさえ抱っこで酷使している腰をますます悪くしてしまう原因になりかねません。
トリップトラップがあれば、高い位置から赤ちゃんを抱き上げることができるので腰への負担も軽減できます。

トリップトラップのアクセサリー「トリップ トラップ ニューボーンセット」について


また、トリップ トラップのいいところは、ベビーや乳幼児用のハイチェアにとどまらないこと。


一人座りができるようになるころからは、トリップ トラップに「ベビーセット」を取り付けることで、6か月を過ぎた赤ちゃんが快適に安全に座ることができる環境が整います。3歳からはトリップ トラップ単体での使用が可能となり、そして大人まで使えるハイチェアなのです。

トリップトラップのアクセサリー「トリップ トラップ ベビーセット」について

トリップ トラップ ニューボーンセットと新生児

ともに成長するハイチェア「トリップトラップ」は、なぜベビーから大人まで使えるのか

トリップトラップが誕生したのは、1972年。北欧ノルウェーのデザイナー、ピーター・オプスヴィックは、2歳の息子の体が、ベビーチェアに合わなくなっていることに気がつきました。
しかし、当時は、ベビーチェアを卒業してしまったら、大人用の椅子に座るしかなく、小さな子どもが食卓で家族との団らんを楽しむことができるような椅子はありませんでした。
そこで、ピーター・オプスヴィックは、大人でも子どもでも、どんな体の大きさであっても正しい姿勢で座ることができるような、人間工学に基づいたデザインの椅子を考案しました。


ストッケの代表的な製品である「トリップトラップ」はこうやって誕生しました。


トリップ トラップの最も大きな特徴は、座面と足のせ板がフレキシブルに変更でき、ベビーから大人まで、快適に座れて姿勢を保つことができるということです。


ダイニングテーブルの高さに合わせて、座る座面の位置が移動でき、また、座面に座った子どもの足が、ぶらぶらせずにちゃんと床につくように、足のせ板の位置も変更可能です。


子どもの身長が伸びて、ハイチェアが体に合わなくなっても、大人用の椅子でうまく座らせる方法を考えたり、買い替える必要は全くありません。
トリップ トラップであれば、座面の位置を下げ、足のせ板も下げて調整することで、また体にぴったりと合ったハイチェアに座ることができるのです。

研究によると、椅子が快適であれば、子どもは食卓のテーブルに長くとどまることができ、社会性や情緒を育てる家族のふれあいに参加するという結果が出ています。


子どもの成長に合わせて、座りやすい椅子に調整することで、自然と正しい姿勢をサポートし、無理のない姿勢で座り続けることができるので、家族団らんを楽しむことができるのです。

ストッケのハイチェア「トリップ トラップ」について
オンラインストアからのご購入はこちら
ストッケ製品が買える店舗一覧はこちら

トリップ トラップに座って遊ぶ子ども

「トリップトラップ」は、ベビーからハイチェアとして、子ども~大人は椅子として長く愛用されています

ベビーから大人まで、テーブルの高さに合わせた位置で座れるトリップ トラップは、「ニューボーンセット」を取り付ければ生まれたばかりの新生児から使用でき、「ベビーセット」を取り付ければ姿勢を保つのが難しい赤ちゃんも安心して座ることができます。


「トリップ トラップ」だけで座れるようになる3歳から大人まで、子供とともに成長する椅子なのです。


ストッケのハイチェア「トリップ トラップ」とともに、「ニューボーンセット」を使用することで、生まれたばかりの赤ちゃんもダイニングテーブルを一緒に囲み、家族団らんを過ごすことができます。

トリップトラップのアクセサリー「トリップ トラップ ニューボーンセット」について

一人座りができるようになる6ヶ月ごろからはトリップ トラップに「ベビーセット」を取り付けます。
動き回ったり、トリップ トラップから落ちないようにガードできるため、安心して「トリップ トラップ」を使用できます。

トリップトラップのアクセサリー「トリップ トラップ ベビーセット」について

一人でしっかりと上り下りができる3歳くらいになると「トリップ トラップ」だけで座れるようになります。
座面や足のせ板を差し込めるガイド(みぞ)は全部で14か所あり、テーブルの高さや身長、足の長さにあわせて、座面と足のせ板をガイドにはめこんで調整し、座りやすい高さに調節できます。
足がしっかりと足のせ板につくことで、姿勢を正し、足の血流を妨げずに座ることができます。

ストッケのハイチェア「トリップ トラップ」について
オンラインストアからのご購入はこちら
ストッケ製品が買える店舗一覧はこちら


トリップ トラップは、生涯使える椅子として、世界各国で長年にわたり愛用されています。
人生とともに歩むハイチェアで、是非たくさんの思い出を作ってください。

世界に一つだけのハイチェアを贈ろう

現在ストッケのオンラインストアでは、「トリップ トラップ」への名入れサービスを行っております。
半角英数字はもちろん、漢字やひらがな、カタカナでの名入れも可能です。
全角では最大7文字、半角では最大14文字まで文字を入れることができます。スペースも文字数に含みます。


お子さまの誕生お祝いに、名前入りの専用ハイチェアをご用意してはいかがでしょうか?

名入れサービスにつきましては、下記をご覧くださいませ。
名入れサービスについて教えてください。
トリップ トラップのオンラインストアより「カスタマイズして購入」を選んでください。

「#ストッケ親子の距離」キャンペーン実施中!

#ストッケ親子の距離 キャンペーンでは、赤ちゃんの名前に込められた想いを募集しています!
お子さまの名前に込める想いを写真とともに「#ストッケ親子の距離」をつけてInstagramに投稿してください。
投稿&応募してくださった方の中から毎月1名様に、名入れをしたトリップ トラップをプレゼントいたします☆
詳しくはこちら

同カテゴリの記事