理学療法士による<0歳児の発達とあそび方>

STOKKE® Family Care Project

おうちで過ごす時間、それは家族の絆を深める時間でもあります。「家族の絆を深める」をブランドの軸においているストッケがお家で大切なパートナーやお子さまと一緒にできることをご提案できればと考えました。

こちらは、0歳児の赤ちゃんの発達とその発達に応じたおうちでの遊び方について、様々な分野で活躍する現役の理学療法士が皆さまにお話をするコンテンツです。理学療法士とは、運動機能の改善・予防や運動発達の支援等を行うお仕事です。お話をしてくれるのは臨床だけではなく教育機関などでの講師や発達支援センターなど幅広く活躍する理学療法士の得原藍さん。赤ちゃんの体もおかあさんの体も両方守るおうち時間の過ごし方をやさしく説明してくれます。

第1回:生後0か月~3か月<公開中>
第2回:生後4か月~6か月<順次公開>
第3回:生後7か月~9か月<順次公開>
第4回:生後10か月~12か月<順次公開>

皆さまのおうち時間が素敵な家族時間になりますように。

講師:理学療法士 得原 藍さん

得原 藍(えはら あい)
理学療法士、School of Movement®️ IES Director

修士(東京大学大学院:学術(専攻:バイオメカニクス))
Double bachelor(国際基督教大学:Liberal Arts、信州大学:保健学)
大学時代にアメリカンフットボールの学生トレーナーを経験したことをきっかけに、卒後の就職を経て大学に再入学、理学療法士となる。総合病院・訪問リハビリテーションに従事しながら修士号を取得、理学療法士養成校の専任教員に。出産後は常勤の仕事を辞め、大学の非常勤講師、各種スクール等でバイオメカニクス(生体力学)の講師をしている。

本業の傍ら、子どもがいい姿勢で座れるようになるための紙パック椅子作りのワークショップを開催、子育て支援施設との協働で定期的な運動発達に関わる相談会の実施、外遊びの会を開催するなど、子どもに関する活動も経験豊富。

得原さんウェブサイトはこちらから Ai Ehara's Website TEXT
得原さん子ども向け講座w/u 親子で楽しむ発達のお話

第1回目:生後0か月~3か月

第1回目は、生後すぐ~3か月くらいまでの赤ちゃんについてです。内容は以下の4つで、15分程度になります。ぜひパパも一緒にご覧ください。
1. この時期の発達について
2. 赤ちゃんとのあそびについて
3. おかあさんの骨盤底筋を守る授乳姿勢について
4. 赤ちゃんとのコミュニケーションについて

第2回目:生後4か月~6か月

順次公開

第3回:生後7か月~9か月

順次公開

第4回:生後10か月~12か月

順次公開

「#ストッケ親子の距離」キャンペーン実施中!

#ストッケ親子の距離 キャンペーンでは、赤ちゃんの名前に込められた想いを募集しています!
お子さまの名前に込める想いを写真とともに「#ストッケ親子の距離」をつけてInstagramに投稿してください。
投稿&応募してくださった方の中から毎月1名様に、名入れをしたトリップ トラップをプレゼントいたします☆
詳しくはこちら