ストッケ ファミリーケア プロジェクト

STOKKE® Family Care Project

おうちで過ごす時間、それは家族の絆を深める時間でもあります。
「家族の絆を深める」をブランドの軸においているストッケがお家で大切なパートナーやお子さまと一緒にできることをご提案できればと考えました。
皆さまのおうち時間が素敵な家族時間になりますように

ストッケ ファミリーケア プロジェクト

Family Care YOGA

ストッケがおうち時間のためにご提供する「ストッケ ファミリーケア プロジェクト」。
Family Care YOGAでは、トップアスリートとしても活躍するヨガインストラクターのSAAYAさんです。
特別なスキルは必要ありません。どんな方でも楽しんでいただける1回20分のおうちヨガで、心も体も大切にする時間にしてみませんか?

<全4回>
1回目: 肩と首:緊張をほぐす
2回目: 腰、股関節を整える
3回目: 呼吸と気持ちよく動く全身のフロー
4回目: リラックス

【講師プロフィール】 SAAYA
RYT500 全米ヨガアライアンス認定講師
水上スキー日本代表
アジア記録保持者/アジアオセアニアチャンピオン
Instagram: @saisai1013__
アスリートとしても活動する中で、メンタルトレーニングの一環としてYOGAを学び始める。2014年本格的にバリでインストラクターの資格を取得し、インド、スペインで哲学の学びを深めながら自分との繋がりや心に正直である事の大切さを伝えている。海外遠征の合間を縫って日本でも都内のスタジオやプライベートクラスを指導中。

Family Care YOGAの特設ページを見る

助産師:浅井貴子先生によるBaby Care

外出自粛が続く中、出産や子育てに不安や悩みを抱えているプレママやママがたくさんいます。
新生児訪問指導歴約20年のキャリアを持つ助産師 浅井貴子先生を講師にお招きし、ベビーケアについてあらゆる角度からご紹介します。

#1:赤ちゃんのためのスリープトレーニング

【講師プロフィール】
浅井貴子氏
助産師、NCA日本コンディショニング協会トレーナー
新生児訪問指導歴約20年のキャリアを持つ助産師。
毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3ヶ月児の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。世田谷区立産後ケアセンターでボディーケア責任者を務めるほか、またベビーマッサージや妊婦さん向けのセミナーの講師も多数。
また、助産師の知識を活かした、妊婦水泳やマタニティーアクアビクスの専門家でもある。

 

理学療法士による「赤ちゃんの発達とあそび方」

0歳児の赤ちゃんの発達とその発達に応じたおうちでの遊び方について、様々な分野で活躍する現役の理学療法士が皆さまにお話をするコンテンツです。理学療法士とは、運動機能の改善・予防や運動発達の支援等を行うお仕事です。お話をしてくれるのは臨床だけではなく教育機関などでの講師や発達支援センターなど幅広く活躍する理学療法士の得原藍さん。赤ちゃんの体もおかあさんの体も両方守るおうち時間の過ごし方をやさしく説明してくれます。

第1回:生後0か月~3か月<公開中>
第2回:生後4か月~6か月<順次公開>
第3回:生後7か月~9か月<順次公開>
第4回:生後10か月~12か月<順次公開>

理学療法士による<赤ちゃんの発達とあそび方>はこちらから

「#ストッケ親子の距離」キャンペーン実施中!

#ストッケ親子の距離 キャンペーンでは、赤ちゃんの名前に込められた想いを募集しています!
お子さまの名前に込める想いを写真とともに「#ストッケ親子の距離」をつけてInstagramに投稿してください。
投稿&応募してくださった方の中から毎月1名様に、名入れをしたトリップ トラップをプレゼントいたします☆
詳しくはこちら