ハイシートストローラー「ストッケ エクスプローリー X」の魅力とは?赤ちゃんの好奇心を育み、ママパパも安心できるハイシート。

「ストッケ エクスプローリーⅩ」が5月19日に新登場!「ストッケ エクスプローリー」より、待望の新シリーズが発売となります。
そこで、ストッケ製品を以前からご愛用いただいているユーザーの大橋菜央さん(Instagram @naoliving)に「ストッケ エクスプローリー」の魅力についてお伺いし、さらに新製品をご使用いただいた上で感想を伺いました。オンラインでの対談でしたが、ストッケへの想いをたくさん語っていただきました!

「ストッケ」のデザインに惹かれて

対談は、ストッケPR担当の後藤がインタビューする形で実施しました。

ストッケ後藤(写真左:以下、(ストッケ))大橋さんは、アメリカ出身のパートナー、3歳と0歳のお嬢さんと共に、大阪から上京されたご両親と一緒に生活されているそうですね。6人家族の魅力は?

大橋さん(写真右:以下、(大橋))両親だけでなく、祖父母も子どもたちに関われるところですね。年代も幅広いですし、言葉も、価値観も違うから、こうしなくちゃ、と子育ての仕方に固執することがなくなりますね。正解がない子育てだからこそ、子育ての仕方もそれぞれ違ってよいと思います。

(ストッケ)大橋さんは1人目のお子さまが生まれた時からストッケ製品をお使いだと聞きましたが、ベビー用品を選ぶときに、どういった点に着目してストッケを選ばれましたか?

(大橋)圧倒的にデザインがいいと思ったのが、ストッケ製品だったんです!
デパートでベビー用品を見ていたのですが、ストッケのデザインが目を引いて。まず、目に留まったのはベビーベッド(スリーピー)でした。
ストッケのデザインは、どの製品もユニバーサルでユニセックスなのが良くて、パパやおじいちゃん、おばあちゃんが持ってもおかしくない。デザインが、おしゃれ、かわいい、だけではないところがとてもよかったです。
「ストッケ エクスプローリー」を押してアパレルショップなどに行くと、必ずと言っていいほど「かっこいいベビーカーですね」と店員さんに言われましたね。

「ストッケ エクスプローリー」の安心感

(ストッケ)「ストッケ エクスプローリー」はいつから使っていらっしゃいましたか?
(大橋)上の子が生まれた時ですね。「ストッケ エクスプローリー」はトラベルシステム*対応なので、新生児の頃はチャイルドシートの「イージーゴー」を取り付けられて、マルチユースできるのがよかったです。その後イージーゴーに代わって取り付ける通常のシートも、シート自体が硬い素材でできていて、赤ちゃんが守られている安心感が凄い。安心して乗せていられました。
*トラベルシステムとは、チャイルドシートを車にもベビーカーにも取り付けでき、寝ている赤ちゃんでも乗せ換えることなく移動ができる作りのこと

(ストッケ)赤ちゃんの乗るシートは「プロテクティブシート」と言って、ハードシェルになっています。赤ちゃんの安心安全がもっとも重要なことですよね。

(大橋)また、「ストッケ エクスプローリー」を押していると、必ずと言っていいほど声をかけられます。大きくて目立つのと、デザインがほかのベビーカーとは違いますし、かっこいいので、人の目に留まるんだなぁ、と思っていました。

(ストッケ)普通のベビーカーはハンドルの横から2本のシャーシに繋がっていますが、「ストッケ エクスプローリー」はハンドルの真ん中からまっすぐ1本のシャーシが出ている「センターフレーム設計」という独特のデザインで、そのフレームを軸に動くのでとても操作しやすくなっています。海外ベビーカーは一般的に安定性・安全性を重視しているので重量があるのですが、それを感じさせない軽い操作性がポイントなんです。

(大橋)言われてみれば、形が違うんですね。確かに本体は重いと思うのですが、操作するときには重さを感じないですね。動きがスムーズで、ゆったりと押せます。段差にも強いので、ちょっとした段差なら乗り越えられます。
子どもが大きくなって、ほかのメーカーのベビーカーを使ったりしていましたが、「ストッケ エクスプローリー」の安定感に勝るベビーカーには出会えていないですね。

「ストッケ エクスプローリーⅩ」の魅力はハイシート

(ストッケ)「ストッケ エクスプローリー」を使っていて、いいな!と思ったところは?

(大橋)「ストッケ エクスプローリー」はハイシートなのがとてもいいですよね。外食時に、ハイチェアなしで、大人と同じテーブルに着くことができるんですよ。
レストランのクロークにベビーカーを預けてしまうと、赤ちゃんのお世話の荷物も持って移動しなくちゃいけない。「ストッケ エクスプローリー」なら、赤ちゃんも乗せたまま、荷物もすべて積んだままでテーブルに着くことができるのがいいですね。

コース料理など長い時間の食事で、赤ちゃんが途中で眠りそうになってしまったときは、「ストッケ エクスプローリー」を揺らすとそのまま寝てしまうので、ゆっくりと過ごすこともできます。

(ストッケ)「ストッケ エクスプローリー」のハイシートを良さとして挙げていただきましたが、ハイシートには他にどんな魅力がありますか?

(大橋)ハイシートは安心感もありますね。母性本能なのか、赤ちゃんとの距離が近いと(自分が)安心できます。低いシートのベビーカーは、夏の照り返しも気になりますし、車を怖く感じるんです。「ストッケ エクスプローリー」のハイシートは他にない高さで地面からの距離も遠いので、そういった面でも、とても安心感がありますね。
背の高い夫の腰への負担が少なくて済むのも「ストッケ エクスプローリー」だからなのかな、と思います。違うベビーカーを夫が押すと、どうしても腰が曲がってしまって辛そうなんですよね。

(ストッケ)シートの高さは21段階、ハンドル確度は4段階と調整できるので、背の高さが異なる夫婦で使う時にも押しやすくて良いですよね!

「ストッケ エクスプローリー X」のハイシートは赤ちゃんの好奇心をくすぐる

(ストッケ)今回対談にあたり、新製品の「ストッケ エクスプローリーⅩ」をご使用いただきました。改めて、使ってみていかがでしたか?

(大橋)以前は月齢が低いときにしか使ったことがなくて、今回「ストッケ エクスプローリーⅩ」に10ヶ月の娘を乗せて出かけてみたのですが、ママやパパだけじゃなく、赤ちゃんにとっても、ハイシートがいいんだ!という発見があって。
子どもの視界が高くて広いみたいで、空とか鳥とか、上の方を指さしてあれこれおしゃべりするようになったんです。いままでと反応が全然違って。
「ストッケ エクスプローリーⅩ」のハイシートだと、赤ちゃんの好奇心が刺激されているんじゃないかなって。

ほかのベビーカーだと、赤ちゃんは奥に座っている感じになりますけど、「ストッケ エクスプローリーⅩ」は、乗り出して椅子に座っている感じで外が見やすいんだと思います。子どもが見ているものや指さしているものも、同じ視線の高さで探せるので、探しやすくて。子どもと同じものを見られているのかな、と嬉しくなりました。

(ストッケ)ストッケは、親子の距離を近づけることで赤ちゃんとのコミュニケーションが増え、それが赤ちゃんの発達にも良いと考えています。「ストッケ エクスプローリー X」は、まさに大橋さんが言ってくださった通り、赤ちゃんの好奇心を引き出すことにもつながる製品なんです。

「ストッケ エクスプローリーⅩ」はアウトドア派の方にもオススメ

(ストッケ)ほかに以前との違いで気づいたことなどありましたか?

(大橋)使っていた「ストッケ エクスプローリー」と比べると、以前の生地はしっかりした印象でしたけど、新しいものはやわらかくキレイめな感じですね。ベルトも改良されていて、着脱もしやすくなっていました。ショッピングバッグも、全体のデザインに馴染む形になりましたね。
(ストッケ)今回はカラフルな5色展開というのも、自分らしいスタイルでお出かけするのにいいなと思います。ロゴの刺繍が同色でさりげなく入っているのもおすすめポイントです。目立ちすぎないのがストッケらしさだと思います。

お使いになってみて「ストッケ エクスプローリーⅩ」をどんな方にオススメしたいですか?

(大橋)そうですね、自然の中に子どもとお出かけしたいアウトドア派の人には、ぜひオススメしたいですね。
先日、夫が公園の丘を「ストッケ エクスプローリーⅩ」を押したまま登っていたので、多少の悪路も問題ないのではと思います。親と子どもの距離が近いだけではなくて、子どもと葉っぱや花など自然との距離も近いので、自然の中で赤ちゃんと過ごしたい人にオススメです。

(ストッケ)生地はPFCフリーの撥水加工も施してあるので少しの雨でも大丈夫ですし、キャノピーはUPF50+で紫外線もカットされたりリフレクターが付いているので夜の視認性が確保されたりするところも、自然の中で過ごす時にぴったりですね。大橋さん、お話していただきどうもありがとうございました!

おわりに

以前より「ストッケ エクスプローリー」を使用されていた大橋さん。今回のインタビューでは、ご自分の経験からストッケ独自のハイシートの魅力やその理由をたくさん語っていただきました。また、他のベビーカーを経て新製品を改めて使って頂いたことで、「ストッケ エクスプローリー」ならではのハイシートによって、お子さんの好奇心を刺激することができた!という新たな発見も。
そして今回大橋さんが繰り返し言われていたのは、「ストッケ エクスプローリー」は頑丈で守られている安心感がある、ということでした。その頑丈さと赤ちゃんとの距離の近さで、ぜひ安心して楽しく赤ちゃんとお出かけしていただきたいなと思います。

新しい「ストッケ エクスプローリーⅩ」について詳しく知りたい方はこちら
取扱い店はこちら
ご購入はこちら

大橋菜央(Nao Predeek)さんのInstagramはこちら

※インタビュー内容はあくまで個人の実感・感想に基づくものです

同カテゴリの記事