ストローラー「ストッケ エクスプローリーⅩ」を新発売! 赤ちゃんとの距離を近づけるストッケ独自のハイシートストローラー 2021年5月19日より発売

「ストッケ エクスプローリー」より、待望の新シリーズ「ストッケ エクスプローリーⅩ」が5月19日に新登場!
赤ちゃんとの距離が近くなる高さ調整可能なハイシートのデザインなど今までのエクスプローリーの良いところを盛り込みながらも、快適性もデザイン性も高めた、さらにアップグレードした最高傑作のストローラーが誕生しました。

初めての妊娠で理想を叶えたいママにも、“これが最後の子育て”と決めているからこそ今まで叶えられなかった希望を叶えたいママにもきっとご満足いただける、「私らしい子育て」を追求したベビーカーです。
発売に先がけて一足早く、新しい「ストッケ エクスプローリー」をご紹介します。

親子の距離を近づけるハイシート設計のストローラー

ストッケの製品はすべて、Desgined to be closer- つまり親子の距離を近づけるようにデザインされています。赤ちゃんとママ・パパの距離が近いことで、赤ちゃんに安心感が生まれ親子の絆も深めてくれます。

「ストッケ エクスプローリー」はまさにその理念を形にした製品。親子の距離を近づけるハイシート設計のストローラーです。ハイシートの利点は、親子の距離の近さはもちろんのこと、赤ちゃんの視界が広がることにもあります。お散歩中に新緑の木々を一緒に眺めたり、ママのお買い物の様子を近くで見たりと、赤ちゃんの好奇心をくすぐることにもつながります。また赤ちゃんを真夏の照り返しから遠ざけるのにもハイシートは有効です。もちろんハイシートであっても、安定性は抜群。クッション性のすぐれたシート内側のパッドと外側のハードシェルで赤ちゃんへの衝撃を低減し、大きなタイヤとしっかりとしたフレームが安定した走行性を担保します。

また、「ストッケ エクスプローリー」は背面でも対面でも使える両対面式。シート部分がワンタッチで取り外しできるので、背面から対面へ、対面から背面へと簡単に切り替えることができます。

お子さまが小さい場合は、対面式がおすすめ。ベビーカーを押すママ・パパの顔が近くにあれば、お子さまーも安心です。好奇心旺盛なお子さまには背面式で。目線の高いハイシートからの景色は、好奇心も刺激されるでしょう。対面では3段階、背面で2段のリクライニング調整が可能なので、眠ってしまったお子さまも無理のない姿勢を保つことができます。

ハンドルを自分好みの高さに調節可能!高さは21段階、角度は3段階を選べる

ベビーカーでのお出かけをラクにしたり、ストレスを減らしたりするには、長時間ベビーカーを押していても疲れないことも重要です。高さが合わないベビーカーや、振動が伝わるベビーカー、走行性が悪いベビーカーだと、お出かけしても疲れてしまいますよね。

「ストッケ エクスプローリー」は、お子さまが快適にすごせることはもちろん、エクスプローリーを押すママ・パパもストレスなく楽に押すことができるように、使い心地を考えて作られています。

まずは、ベビーカーを押すときに身長とハンドルの高さがあっていることが大切です。負担なく押せる高さを選んでほしいから、「ストッケ エクスプローリー」のシートの高さは21段階で上下の調整ができです。ハンドルは狭い場所では向こう側に倒すこともでき、合わせて角度は4段階に調整可能です。

パパがベビーカーを押す時にはもちろん、お散歩の途中にカフェで一息という時にも、テーブルの高さに合わせてエクスプローリーのシートの高さを調整して、ベビーと一緒にテーブルを囲むこともできますね。

特徴的なセンターフレーム設計と、ストローラーの揺れを軽減する走行性

多くのベビーカーはハンドルの両端がベビーカー本体とつながっている形ですが、「ストッケ エクスプローリー」は楕円のハンドルの中心についたポール一本でシートを支えるセンターフレームの独自設計で、どこで見ても、ひとめ見ただけでエクスプローリーとわかる、目を引くデザインです。

見た目がシャープになるだけではなく、センターフレームのシャーシはとても合理的。ハンドルの動きをタイヤに伝えやすく、軽い力で小回りが利くので、使い心地がよく操作性が抜群です。片手でもスイスイ曲がれるのは、この特徴的なフレームのおかげです。

足元は、タイヤの軸が上の方にあるので、押すときに足がぶつからず歩きやすい構造になっています。またタイヤが大きく安定性があり、歩道の段差や凸凹のある公園の中でもスムーズで、赤ちゃんに伝わる揺れを軽減する安定した走行性があります。エクスプローリーに乗ると寝てしまうというママの声もありますよ。

ブレーキは足元に。オレンジ色で識別しやすく、足でワンプッシュすれば止まります。安全のため、走行中以外はブレーキをかけておくのがおすすめです。

自分らしいスタイルでお散歩ができる、全5色展開

誰もが自分のスタイルを表現する色を持っています。新しい「ストッケ エクスプローリー X」は、ファッションショーのランウェイにインスパイアされた5色をご用意。明るく大胆な色からクラシックでシックな色まで揃うコレクションの中から、きっとお気に入りが見つかるはず。 写真左側:左からリッチブラック、ゴールデンイエロー、モダングレー、ルビーレッド、ロイヤルブルー

レザレットの色は、本体色に合わせてそれぞれブラックかブラウンの仕様に。ジッパーのプルやボタンの色にもこだわっています。

「ストッケ エクスプローリーⅩ」の基本情報- 新生児から22kgまで使用可能

「ストッケ エクスプローリーⅩ」の使用可能期間は、オプション(別売)のキャリーコットやチャイルドシート「イージーゴー」を使えば新生児から使用可能で、最長で22kgまで使えるので、新生児から4歳くらいまでの長い期間に渡って使うことができます。A型のベビーカーを買うべきか、B型にするべきかと悩んでいる方にもぴったり。

重さはシャーシとシートを合わせて9.5kg、幅は56cmです。電車の改札も、端の大きめのゲートから通れます。たたむとコンパクトになり、立てかけも可能。車のトランクにも積載できます。

<お誕生後すぐ>
1.キャリーコット(別売)を使って
新生児をフラットに寝かせる“コット”をベビーカーに装着できるのがキャリーコットです。しっかりとした側面に囲まれたキャリーコットは半分をカバーで覆うことができ、拡張可能なキャノピーとともに大切な赤ちゃんを守ります。優れた換気と通気性を持っているので、汗をかきやすい赤ちゃんでも、夏の日でも、安心してお出かけができます。

2.イージーゴー(別売)を使って
チャイルドシート「イージーゴー」は、ストッケのストローラーに装着可能なトラベルシステムでもあります。出産後、病院から退院する時に車を使う方は早くも必要になるのがチャイルドシート。それがそのままストローラーに装着できるので、赤ちゃんを連れての移動がとても楽になります。せっかく寝た赤ちゃんを起こさなくて済みますので、ママにもパパにも嬉しい製品です。

<6ヶ月頃~>
6ヶ月頃以降は、本体のシートを取り付けて使用すればお子さまが22kgになるまで「ストッケ エクスプローリー X」をご使用いただけます。

「ストッケ エクスプローリーⅩ」のアップグレード機能

「ストッケ エクスプローリーⅩ」で、今までのエクスプローリーからグレードアップした機能をご紹介します。
まずは、ベビーの安全面から。
お座りが不安定なベビーの姿勢をサポートするために、サイドのサポートをエクストラバッドで強化。また、シートの背中部分は、ファブリックのみで支えるのではなく、硬さのある素材でしっかりと支えています。
ハーネスは5点式でしっかり赤ちゃんをガードしながらも、ワンプッシュで手軽にロック解除可能です。また、クッション性の高いハーネスは、赤ちゃんをしっかりと柔らかく守ります。

エクスプローリーの特徴の一つといえるフットレストは、成長するお子さまの足の長さに合わせて3段階に調節可能です。また、足載せの部分がシート本体から離れているので、思う存分遊んで泥だらけになった靴を履いていても、シートを汚す心配がありません。

キャノピー(幌)にはストッケのロゴが美しく刺繍されています。キャノピー拡張用のジッパー部分はシームレスデザインで、美しいキャノピーのデザインを損ないません。またキャノピーを広げたり畳んだりする時の音がとても静かなので、寝ている赤ちゃんを起こさないようにそっと開閉できます。

シート下に付けられて人気の高いショッピングバック(付属品)は、キャリーハンドル付きで取り外して持ち運べるので、帰宅して家の中に持ち運ぶ時にも便利。大容量のバッグですが、シャーシにフィットするデザインなので、エクスプローリーのシルエットを壊しません。

スタイリッシュで機能的な「ストッケ エクスプローリー X」で、子育てをもっと私らしく。
2021年5月19日~の全国発売をどうぞお楽しみに。

同時に発売する、「ストッケ エクスプローリー X」用アクセサリー類のチェックもお忘れなく!
アクセサリーでもっと私らしく、カスタマイズしよう。


現在発売中の「エクスプローリー 6」はこちらから(在庫僅少)
エクスプローリー 6 を公式オンラインショップで見る


★ストッケからのお得な情報や新製品情報をいち早くお届けします★
登録はこちらからお知らせ通知設定