北欧デザインのおしゃれなベビーベッド、丸い形でスタイリッシュなストッケのスリーピーがオススメ

生まれた時から赤ちゃんを優しく包み込んで守ってくれるのがベビーベッド。
新生児や生まれて間もないベビーを大人用のベッドに寝かせるのは、転落や大人用の布団での窒息の可能性もあり危険と言われています。
ベビーの安全を考えると、ベビーベッドは生まれる前から準備しておきたいものの一つですね。

ストッケのスリーピーは、新生児では丸い形のベビーベッド、6か月ごろからはパーツを組み替えて少し大きめの楕円形に、3歳ごろからはオプションのキットを使って(別売)、10歳まで使えるジュニアベッドにすることができます。
子どもの成長に合わせて一緒に成長するベッドなので、ちょうどいいサイズで使い続けることができます。

ベビーベッドといえば四角い形が定番ですが、ストッケのスリーピーは丸い形。
角のないデザインは、ベビーにもお世話するママ・パパにも安心感を与えます。
角にぶつかる心配がなく、幼い兄姉にも優しいデザインです。

今年(2019年)で発売20周年。ストッケが自信をもってオススメする、スリーピーについて詳しく見ていきましょう。

ストッケ スリーピーについて

ストッケスリーピーのミニベッドは、丸いデザインがキュート

ストッケ スリーピーのミニベッドは67cmx82cmの楕円形で、生まれたばかりのベビーのための小さなベビーベッドです。
洗練された北欧デザインの、丸い形が特徴的なおしゃれでかわいいベッドで、かわいいベビーをますますかわいらしく見せてくれます。

ベビーとともに寝室で目覚めたら、ベビーベッドをリビングに移動させましょう。
ストッケ スリーピーのミニベッドは、キャスター付きの軽くて小さなベッドなので移動もらくらくです。
丸に近い楕円形なので、曲がり角も気にせずに家の中を移動できます。
もちろん、キャスターにはロックもついていますので、ベビーが動いても安心です。

ベビーベッドを簡単に移動できれば、ベビーはいつでもママ・パパのそばに居られるので安心しますし、ママ・パパは近くでベビーの様子を見ることができます。
ストッケ スリーピーのミニベッドは小さなベビーベッドなので、赤ちゃんが手を伸ばせばベッドサイドに届きそうなほどです。
小さなベッドであることによって、ベッドサイドから覗くママ・パパを近くに感じられ、守られている安心感を感じることができます。

丸型のベビーベッドはリビングに置いても圧迫感が少なく、リビングのソファーの横にも、ダイニングテーブルのそばにも、目の届く範囲に移動することができるので安心して赤ちゃんと過ごせます。
また、小さな兄姉やペットが興味深々で赤ちゃんを囲んでも、赤ちゃんはベビーベッドで安全に過ごすことができます。

ストッケ スリーピーのミニベッドには、ドレープを下げるためのドレープロッドが付属品としてセットされています。
ドレープロッドをベビーベッドに取り付けて、別売りのドレープを吊り下げれば、ベビーが心地よく静かにやすめる空間を作ることができます。ドレープが天蓋やキャノピーのようなエレガントな雰囲気をつくりますし、さらに直射日光を遮ることもできるので、ベビーを包み込む光が柔らかになります。

スリーピー ベッドセット について

※ストッケ スリーピー ミニ ベッドは、ミニベッド単体での販売しておりません。
※ミニベッドはストッケ スリーピーとセットでの販売となっておりますので、ご購入の際はベッドセットをお買い物求めください。
※スリーピーベッドとミニベッドは組み換えになります。同時にはご使用いただけませんのでご注意ください。

ストッケスリーピーベッドは洗練された楕円のデザインで、ベビーをやさしく包みます

ストッケ スリーピーベッドは、いわゆる一般的なベビーベッドと同程度のサイズのベッドです。
ストッケ スリーピーベッドがほかのベビーベッドと大きく異なる点は、普通の長方形ではなく、短い辺の部分がカーブした丸い形のベビーベッドだということです。
ミニベッドと同じように角のないフォルムは、ベビーにもママ・パパにも安心感を与え、また、角があることで起こる怪我も予防することができます。

スリーピーベッドはどのタイプも、ベッドの底板の高さを調整できるようになっています。

まだまだベビーのお世話が必要な時にはママ・パパの負担軽減のためにも底板の高さは高めに、ベビーがつかまり立ちをするようになったら、赤ちゃんの転落防止のため底板を下げてご使用ください。

ミニベッドを使用された場合は、ベビーが大きくなったら、ミニベッドから、スリーピーベッドへの組み替えを行いましょう。
生後6か月ごろまでがミニベッド使用の目安ですが、ベビーの成長は目覚ましく、あっという間に大きくなりますので、窮屈に感じられたらミニベッドを卒業しましょう。

まだまだミニベッドのままで大丈夫…と思っていたのに、油断していると今日明日にも組み替えないといけないほどミニベッドが窮屈になる、ということも起こり得ますので、ミニベッドからスリーピーベッドへの切り替えはお早めに。

スリーピーベッドについて

ストッケスリーピージュニアベッドは、10歳まで使えるおしゃれなベビーベッド

ストッケスリーピーベッドは最長3歳まで使用可能ですが、ジュニアベッドキット(別売)を追加することで10歳まで使用可能になります。
ストッケスリーピーベッドは、長い期間子どもとともに成長し、子どもの成長を見届けてくれるベッドなので、お子さんにいいものを長く使うということを伝えるいい教材になるでしょう。

洗練された子ども部屋のソファとして使っても、とてもおしゃれですよ。

スリーピー ジュニアベッドキットについて

「ストッケスリーピー」を詳しく

ストッケスリーピーは、お子さまの成長に合わせて成長するベッドです。
「ミニベッド」「スリーピーベッド」「ジュニアベッド」それぞれの使用期間やベッドサイズについて見ていきましょう。
■ミニベッド(キャスター付き)~6か月

ミニベッドは、生まれたばかりの新生児から6か月までのベビーが使用できるベッドです。

キャスター付きで、お部屋の移動も楽々。円に近い楕円形の小さなベッドなので、リビングに置いても圧迫感がありません。

ドレープを下げるためのドレープロッドつきです。ドレープロッドをつけなくても使用できます。

◎サイズ (キャスターを含む、突起物除く)について
奥行き:67cm
高さ:87cm
幅(長さ):内寸75cm外寸82cm
耐荷重:50kg
※ストッケスリーピーミニベッドは、ミニベッド単体での販売しておりません。
※ミニベッドはストッケスリーピーとセットでの販売となっておりますので、ご購入の際はベッドセットをお買い物求めください。
※ドレープ(布)は別売りです。
■スリーピーベッド(キャスター付き)~3歳

スリーピーベッドは、3歳までのお子さまが使用できるベッドです。キャスター付きで移動も可能です。

ベッドの底板は高さが変えられますので、ねんねの時期は底板を高めにしてベビーのお世話をしやすく、つかまり立ちをするようになりましたら底板は低くしましょう。

◎サイズ (キャスターを含む、突起物除く)について
奥行き:67cm
高さ:87cm
幅(長さ):内寸122cm外寸127cm
耐荷重:80kg

■ジュニアベッド(キャスターなし)3歳~10歳

スリーピーベッドを別売りのオプションパーツで組み替えることで10歳まで使えるジュニアベッドになります。

◎サイズ (キャスターを含む、突起物除く)について
奥行き:67cm
高さ:87cm
幅(長さ):内寸165cm外寸172cm
耐荷重:140kg
※ストッケスリーピージュニアベッドは、スリーピーベッドとジュニアベッドキットをお買い求めください。

■共通(ストッケスリーピーをはじめとして、ミニベッド、ジュニアベッドでも共通です)

◎柵の高さ(上部から底板まで)4段階:上から順に 41,5、51,5、62,5、72,5cm

◎素材
ベッド:ビーチ(ブナ)材
マットレス:綿100%、キルティング加工

◎色
ホワイト、ナチュラル、ヘイジーグレー、ミントグリーン

◎塗料
ヨーロッパの安全基準 EN71-3(玩具の安全性、重金属毒性に関する安全基準)に適合しています。
この基準は、万が一子どもが口にふくんだときに金属を吸収するかどうかをあらわすもので、スリーピーに使用している塗料は、水とポリウレタンを原料としています。

◎安全基準
スリーピーは、子ども用ベッドの一般的なヨーロッパの製品安全基準 EN716-1とEN1130-1に適合していますので、安心してご使用いただけます。